ジェネラリストのお医者さんって?

患者のすべてを診る!ジェネラリストの医師について徹底解説!

ジェネラリストの医師は今の日本の医療に必要不可欠な存在

日本の医療は日々進歩しており、それに伴い、患者のこうありたいという願いも変わってきています。 こうした変化に対応できるのもジェネラリストの医師の強みです。 ここでは今現在、患者がどのようなニーズを持っているのか、そしてそのニーズに対してジェネラリストの医師がどのように応えるのかについてご説明します。

多様化する患者のニーズに応える

ジェネラリストとは、ビジネスの世界において幅広い知識・技術を持つ人のことです。
様々な分野でこのジェネラリストは注目されていますが、医療分野においてもその必要性が叫ばれています。

ジェネラリストである医師とはどのような人なのでしょうか?
まず、全身どこでも診ることができる知識を持っています。
内臓系の病気から外傷まで、また身体的な病気から精神疾患まで、あらゆる領域の病気を診断・治療できる知識や技術を持っています。
さらに、病気の治療だけではなく、患者の生活環境の改善にも取り組みます。
また、その活躍の場は病院の中だけではなく、地域全体に及びます。

これまでは、スペシャリストと呼ばれる、ある領域において深い知識と優れた技術を持つ医師が珍重されてきましたが、今の日本の医療が抱える問題を解決するためには総合的な知識を持つジェネラリストの医師の育成が急務だと言われています。

では日本の医療が抱えている問題とはなんでしょうか?
それは急速に進んでいる高齢化が関係しています。
日本の65歳以上の人口は1994年で全人口の14%でしたが、2018年には28%に増加しており、この割合は今後ますます増えると言われています。
このため、介護を必要とする人が増え、介護と医療を組み合わせて考えることができる医師が必要になります。
そんな時こそ、病気の治療だけではなく、患者が置かれている生活環境や家族のこと、地域のことにも精通しているジェネラリストの医師が活躍するでしょう。
2つ目は医療現場の人手不足です。
働く若者世代は年々減少しており、医療現場の人手不足は慢性的に続くと予想されます。
そのため、1人の医師が様々な病気に対応できることが重要になります。

このサイトでは、このように今注目されているジェネラリストの医師について、心身の治療・患者の生活環境の支援・地域医療との関わりという3つの側面からご紹介します。

生活環境や家族をケアする

ジェネラリストは心身の治療を行うだけでなく、患者の病気の背景にある生活環境の問題についても考え、アプローチします。 また患者の家族に対しても支援を行っています。 ここでは、ジェネラリストの医師がどのように患者の生活環境の問題に取り組んでいるのか、また家族に対する支援についてご紹介します。

地域に住むすべての人の健康を見守る

今の日本において、地域医療の充実は欠かせないものだと言われています。 そしてジェネラリストの医師は、その地域医療に必要な存在だと期待されています。 ここではまず、今の日本でどうして地域医療が重要視されているのかについてご説明します。 さらにジェネラリストが実際に行っている地域活動についてもまとめました。

TOPへ戻る