患者のすべてを診る!ジェネラリストの医師について徹底解説!

ジェネラリストの医師は今の日本の医療に必要不可欠な存在

1人が抱えている病気は1つではない

65歳以上の患者は平均すると4つほどの疾患を抱えていると言われています。
65歳未満でも2つはあるとも。
そのため1人の患者が2つや3つ、別の診療科に通うことはよくあることです。
こんな時にジェネラリストの医師がいれば、その医師がいる病院に行けば自分の病気すべてを診察してもらえるので、通院の負担も減らせます。

また、1つの病気から派生してまた別の病気にかかることもあります。
そんな時にその都度別の医師に診てもらうよりも、継続して同じ医師に診てもらえることは患者に大きな安心感を生みます。

高齢化が進む今、今後複数の病気を抱える患者の増加は避けられません。
そのためにも、総合的な治療を行えるジェネラリストの医師は必要不可欠な存在なのです。

病院中心から在宅中心の治療へ

医療の進歩により、これまで入院しなければできなかった治療が通院や在宅でも受けられるようになりました。
そのため、なるべく今の生活を続けたまま、治療を行いたいと願う患者が増えています。

実際にがん患者の多くは通院によって抗がん剤治療や放射線治療を行う人が増加しています。
またうつ病や統合失調症などの精神疾患を抱えている人も、積極的に地域活動に参加しながら病院に通って治療を受ける人が増えてきました。

また、患者の中には通院すること自体が困難な方も多くいて、在宅で治療を受けている人もいます。

このような患者のニーズに応えるためには、いろいろな専門医や地域の機関と連携を図っていかなければなりません。
そのためには、幅広い視野を持ったジェネラリストの医師の存在が大切なのです。


TOPへ戻る