患者のすべてを診る!ジェネラリストの医師について徹底解説!

生活環境や家族をケアする

病気を抱えているととても生きづらいもの

病気になると心身にダメージを受けるのはもちろんのこと、これまでの生活にも大きな影響を及ぼします。
例えば働いている人であれば、病気のためにこれまでとは同じ様に働くことが困難になります。

また、病気は心理的ストレスによっても引き起こされると考えられています。
職場や学校、家庭などで感じている心理的ストレスを少しでも軽減できれば、防げる病気もあります。

このため、ジェネラリストの医師は医療・福祉の専門機関だけでなく、学校や職場とも連携をはかり、患者が暮らしやすくなるように働きかけます。

また患者の生活環境をよく知ることにより、食生活や運動、喫煙、飲酒など日々の生活スタイルについても、よりその患者に寄り添ったアドバイスを行います。

患者を支える家族にも支援を

闘病中の患者を支える大きな存在がその家族です。
その大切な存在を守ることも、患者の病を治すためには大切なことです。

特に重い病を抱えている患者の場合、その家族も大きな身体的・精神的ダメージを受けています。
家族までもが共倒れになってしまわないよう、家族のケアをすることも必要不可欠です。
そのため、ジェネラリストの医師は患者家族の相談窓口となり、適切なケアが受けられるよう働きかけます。

また、介護疲れという言葉をよく聞きますが、在宅で介護を行っているとその家族の心労は計り知れません。
時には家族の中で虐待が起こってしまったり、殺人事件にまで発展してしまうことも。
そうならないよう、ジェネラリストの医師は福祉の専門機関とも連携し、介護をサポートします。


TOPへ戻る